住宅ローン借り換えの審査の落ちるは本当に早い?

住宅ローン借り換えの利用方法

夢のマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が生活が大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが住宅ローン借り換えを行うことです。

ただ借り換えのメリットで今よりも得することを考えると当然、今借りているローンよりも金利が低くなる必要があります。

その際のメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているので確認してみてください。

確認する際に気をつけることとして、シミュレーションをしたところ30万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていてそんなに得にならなかったということもあります。

住宅ローンを利用している際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った際には控除は受けられるのでしょうか。

結論としては可能です。

住宅ローン控除では10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から戻ってくる制度です。

借り換え時に控除のメリットをフルに活用できるようにすることが重要なポイントとFPの方も言っています。

控除をフルに受けるには、借り換え後の返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないことなどがあります。

ローン控除では1%の所得税が還付されることになるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払う金利が大きくなるからです。

現在借りているローンの金利よりも低い金利にするために行う住宅ローン借り換えですが、借り換え時にはいくつか注意点があります。

全ての人に当てはまるのが借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、メリットとしては月々の返済額を抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の機関で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要があります。

このように様々な面から総合的に考えるべきです。

他にも借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先は保証料がないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなど自分の条件にあった基準でローン選びをする必要があります。

住宅を購入する際に利用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも要件を満たしていれば利用できます。

しかし、この制度を適用させるには勤め先で年末調整をしている方でも、初年度に住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告が必要です。

その際、必要書類が多いので早くから準備を始めましょう。

借り換え後も控除を受けられる条件としては、当初の住宅ローン返済のためという条件と借り換え後の借入期間が10年以上になっているかという点です。

基本的に我々が借り換えを行う理由としては借金を返すためではなく金利を見直すためなので状況が大きく変わっていなければ適用可能なことが多いです。

住宅ローンを減らしたいと考えている人の中には住宅ローン借り換えを行なって利息を減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

その際に、今のローンとは違う住宅ローンを探すことになりますが金利が低い以外のメリットも求めていますよね。

具体的に、どういったメリットで選ぶかというと保証料は金利換算で「毎年0.2%くらい」の金利と言われています。

例えば3000万円を30年ローンで支払う場合、60万円以上かかる計算になります。

例えば3000万円を30年ローンの場合、60万円以上かかる計算になります。

一番大切と言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息も減ります。

住宅ローン借り換えとは、別の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行に完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行に話す必要はないので理論上、何度でも借り換えを行なえます。

ただ、現実的には多い人でも3回くらいまでになります。

そのため、大半の人は1回限りで終わります。

では、どんな時期に借り換えをするのがベストなのでしょうか。

また、住宅ローン金利は予測ができないので借り換えを行うべストな時期というものはなくそのため、借り換えのタイミングとよく言われているのがそのため、借り換えを考えている方は借り換えメリットを確認してから行動しましょう。

住宅ローン借り換えお得に

住宅ローンを選ぶ際に重要なポイントがいくつかあります。

例えば、繰り上げ返済が簡単で無料なことです。

なぜかというと繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息も減っていきます。

そうすると総支払額が少なくなったり、支払期間が短縮されます。

そのため、手続きをネットで簡単に行えることや返済可能額が一円以上からなのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

返済時に気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が苦しくなったら本末転倒なのである程度余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときもこの部分のチェックは大切です。

住宅ローン借り換えとは、別の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行Aに完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行機関の承諾は必要ないので理論上では何度でも借り換えが可能になっています。

ただ、なにかしらのメリットがあるから借り換えを行うわけです。

その理由としては、借り換えメリットがあるから行うので正直なところ、ベストな時期は誰にもわかりません。

なぜかというと住宅ローン金利が今後どうなるのかは予測不可能だからです。

そのため、借り換えの時期とよく言われているのが借り換えメリットが月収以上になったときです。

毎月のローンの支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを行う家庭もあると思います。

気になるのはその場合、今までの火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

現在借り入れているのが旧公庫ローンの場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ変更する際は別の保険を契約することもできます。

もし、継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

なぜかというと住宅再建に必要な保険金をきちんと受け取るには、保険金額が適切な金額で設定されている必要があります。

火災保険は契約したらほったらかしになりやすいので借り換えを機に見直してはいかがでしょうか。

住宅ローンを初めて利用する際によく聞かれるのが「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば可能です。

しかし銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため自動車ローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫することがあります。

当然ですが、自動車ローンを毎月ちゃんと返済していないとそもそもローンの借入は通らないので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの申し込み審査でも気をつけるべきポイントです。

稀に、現在組んでいる自動車ローンの分を住宅ローンに組み込んで提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

家計を圧迫する住宅ローンの返済ですが今組んでいるローンの金利よりも低いローンが変えて毎月の支払額を減らしたいと思いますよね。

ただ、金利だけを理由に変更するのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは他のローン借り換えとは違い登記などいろいろな費用が発生しますので、費用を計算したら逆に損してしまうということもあります。

シミュレーション時に変更するメリットがあるかを考えてから行いましょう。

借り換えを行う判断基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収を越した時です。

住宅ローン借り換えに関してネットで調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンが組めないということです。

どういった場合にそういった事態が起きるかというと転勤することになって転勤先での賃アパートなどの貸料と二重になるので、今よりも金利が低いローンに借り換えをして支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ新しく組めないかというと、住宅ローンという制度は自身・家族の居住のための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、住宅ローン以外の金融商品を探しても借り換え前よりも良い条件の金融商品はなかなか見つからないと思います。

離婚で別居する際なども家族扱いにならないので同じことが言えます。