住宅ローン借り換えの審査が落ちるで話題に

住宅ローン借り換え審査手続き方法

現在のローンよりも金利の低いローンへ変更する住宅ローン借り換えですが、借り換え手続きに際して必要なものが多いです。

提出書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の住宅ローン返済予定表や返済口座の写しなどの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる所得証明などの書類、3つ目は重要事項説明書などの不動産業者や法務局で取得できる書類になります。

勤務先・役所で取得する書類は用意しやすいですが土地公図などは普段見慣れないのではないでしょうか。

ここに挙げたのはほんの一例なので実際に借りる金場合は別の書類が必要になることもあるのでよく必要書類を確認しましょう。

住宅ローンで融資されている際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行う場合、控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付される制度です。

借り換え時に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントと専門家の方も言っています。

金利1%未満なら繰上げ返済しないようにしましょう。

金利1%未満なら繰上げ返済しないようにしましょう。

ローン控除では1%の所得税が還付されるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払う金利が大きくなります。

住宅ローン借り換えを行うにあたり様々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記なども行う必要があります。

登記手続きなどの実務自体は司法書士がやってくれますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶことも可能です。

借り換えを行う多くの方はお願いする司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関の指定する司法書士にお願いすることも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関へ確認してください。

他にも申し込み段階で準備する書類や手続きも多いので借り換えメリットと比べて労力が伴わないと思ったら行わない決断もありです。

住宅ローンを検討する際に重要なことがあります。

例えば、繰り上げ返済が簡単に行えることです。

なぜかというと繰上げ返済を早く進めれば進めるほど元本や利息が少なくなっていきます。

結果として総支払額が短縮された期間の利息分少なくなったり、支払期間が短くなります。

そのため、手続きをネットで行えることや繰上げ返済額が一円以上からなのか1万円以上から可能なのかを確認して選びましょう。

ひとつ気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が苦しくなったら本末転倒なのである程度余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときもこの部分のチェックは大切です。

家計を圧迫する住宅ローンの返済ですが今組んでいるローンの金利よりも低いローンがもっと低く設定されているローンが見つかったらそちらに変えたいですよね。

ただ、低金利という部分だけを目当てに変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは他のローン借り換えとは違い登記などいろいろな費用が発生しますので、費用を含めて計算してみたら逆に損していたということもあります。

必ずシミュレーション時にメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えを行う基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収よりも多い時です。

多くの人が住宅ローンを組む際に頭金を支払います。

頭金を用意しなかった人もいるかもしれませんが頭金を支払わないと毎月の返済額が高くなります。

そのため、ローンの総返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを行う人もいます。

「1度ローンを組めたから借り換え審査も大丈夫」と考えている人もいるようですが審査に落ちることもあります。

借り換え時の審査では、最初に申し込んだ審査の時よりも物件の担保評価額が下がってしまって予定していた金額が借りられないことや年収に対してローン返済額が増えているということで引っかかるようです。

年収や職場に変更がなくてもこういった面で引っかかることがあります。

住宅ローン借り換え審査毎月

皆さんは住宅ローンを組む際に頭金を支払いましたか?中には、頭金を用意しなかった人もいるかもしれませんがその場合、毎月の返済額が高くなります。

そういった場合に返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを検討すると思います。

よく「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と思っているようですが場合によっては審査に落ちることもあります。

借り換え時の審査では、最初に申し込んだ審査の時よりも年収や職場が変わっていなくてもローンすうが増えている場合です。

住宅ローン以外に複数のローンを抱えていて落ちることがあります。

年収や職場が大きく変わっていなくてもこういった面で引っかかることがあります。

最近、インターネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを検討する人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦や親子でローンを組んでいる場合は相続税に注意が必要です。

どんな場合にこんな状況が起きるかというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済しているため借り換え時に夫の単独名義になる問題が出てきます。

こういった連帯債務から単独債務への借り換えには金利以外の税負担が伴う可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

相談した結果、不動産登記などの借り換え費用と贈与税の負担を比べて借り換えを行わないほうがいい場合もあります。

多くの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換えはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年から申し込みできる場合もあるようですが、フラット35の借り換えを利用する際の条件を例にすると、申込日前日までの1年間返済を問題なく進めている方という項目があり、他の銀行もほぼ同様の審査基準になっていると考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには借り換え手数料が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件扱いになることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりも金利が低くなっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済をした後に考えましょう。

毎月のローンの支払額や総支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを考えることがあります。

では、その場合、今加入している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンを借り入れている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える時は別の保険に加入することも継続することもできます。

もし、継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

住宅再建に必要な保険金を受け取るには、あまり見直しなどを行う人が少ないので火災保険はほったらかしになりやすいので借り換えのタイミングに見直してはいかがでしょうか。

様々なローンの利用を検討する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが金利固定か変動かの選択はないでしょうか。

金利の部分だけを見ると変動の方が低くなっていることも多いです。

しかし、変動というように大体半年ごとに金利が変わるので場合によっては、固定金利よりも高くなってしまい、支払額が想定以上になってしまうなど計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う人の多くは変動制を選択する方が多いようです。

固定では、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急激に金利が上がっても心配ないというメリットもあります。

他にその中間とも言える1年ごと、3年ごとに金利が固定の固定期間選択制というものもあります。

住宅ローンを組む際に必ず利用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも要件を満たしていれば利用できます。

控除を受けるには勤め先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告を行う必要があります。

その際、必要書類が多いので余裕を持って準備を始めましょう。

借り換え後でも活用できる要件としては、当初の住宅ローン返済のためという条件と借り換え後の借入期間が10年以上残っているかという点です。

基本的に我々が借り換えを行う理由としては借金を返すためではなく金利を見直すためなので状況が大きく変わっていなければ適用可能なことが多いです。